30代の初デートを実現させる秘訣と2回目デートで女性の心を掴んで3回目デートで告白を成功させるためのコツをまとめました。

ここでは若者とはちょっと違う30代男性ならではの、付き合う前のデートの秘訣を実際の声なども参考にまとめてあります。

① 1回目のデート実現までは連絡方法が重要

デート実現までの連絡の仕方
20年前、皆さんが10代の頃の携帯電話普及率はまだ40%に届かず、友達や彼女に連絡するには家電を使うしかありませんでした。

あの頃、勇気を出して電話しても親が出てくることがあってドキドキでしたよね。

それに比べればスマホで気軽に連絡が取れるのはラッキーです(^^)/

でも、スマホを上手に使いこなすことができる人とできない人では女性とお付き合いできる可能性が大きく変わってしまいます。

そして特にLINEを上手に使いこなすことが、女性との距離を縮めてデートを実現させるためにとても重要です!

LINEのペーシングが女性の心をつかむ

女性と出会ってからお付き合いをするまでに、あなたが送るLINE次第で、その後のデートが続くかストーカーのようになってしまうかの違いが出ます。

すべてに共通する一番大切なことは相手の女性のペースに合わせること。

具体的なポイントは次の3つです。
①女性に好まれるベストなタイミングのLINE
いくら自分の都合のよい時に見ることができる便利なLINEでも仕事中や深夜に送ってはあなたの良識が疑われます。

②過ぎたるは及ばざるが如しのLINE頻度
一般にマメな連絡をする方が好印象をもたれることが多いのですが、多ければ良いかといえばそうとも言えないのが女心です。

③女性との距離を縮めてくれるLINEの内容
女性からのLINEがしだいに減ってきて自然消滅…よくある話です。
これ、ほとんど内容が悪いです。

せっかく便利なLINEでいつでも彼女と繋がることができたんですからこのチャンスをつぶしてはもったいないです。

基本的な連絡はLINEがベストですが、内容によっては電話の方が良い場合もあります。

デートの待ち合わせ場所や時間といった具体的な内容の場合
いつもと違う彼女の様子で心配な場合 など

電話は、声のトーンなどからお互いの感情がよく伝わりますので、ここぞという時には活用したいものです。

② 初デートから告白までの流れ

初デートから告白まで
知り合ってからLINEなどでやりとりしたら、いよいよ初デートです。

さて、あなたはすでに相手の女性とお付き合いをしたいと思っているんですよね。

相手も、20代後半から30代の女性が初デートに来てくれるのであれば、お付き合いを意識していると思って間違いありません。

そこが、20歳前後の若者のデートと違うところです。

30代のあなたの場合は告白は3回目のデートでをお勧めします。

中には出会ってすぐに付き合い始める二人もいるでしょうし、1年越しのお付き合いというのもあるでしょうが、基本を3回目のデートとするのがベストです。

1回目のデートは人間が試される
人としての常識やマナーを含めて一緒に過ごす人としての相性を確かめ合うデート
適度な緊張感を持ちながらも気持ちよく楽しく過せ、また会いたいと思ってもらうことが必要

2回目のデートは男性としての魅力が試される
夢や仕事などについての考えや、話題や趣味などの共通点がポイント
やさしさと頼りがいを感じてもらえ、男性としての魅力が伝わるのがベスト

3回目のデートは魅力の高まりと不安の解消が大切
家庭や子どもなどの将来像で2人の共通点が作れるかが大切
不安要素がなくなり、これから先ずーっと一緒にいたいと思われることがポイント

30代のあなたと軽い気持ちで付き合う女性はあまりいないでしょう。

ですから、
1回目のデートでいきなり告白してはガツガツしていると思われるかもしれませんし、いつまで待っても告白されなければ切られます(^-^;

特に相手の女性も30代なら、あなたとのお付き合いの先に結婚というゴールを意識しているでしょうから。

1回目のデートで悪い印象が少なくて楽しければ、2回目のデートが実現します。

2回目のデートであなたの魅力が伝わり、価値観などが共有できれば3回目のデートに繋がります。

3回目のデートが実現したということは、基本的にお付き合いOKとみて告白する良いタイミングです。

これらのデートであなたの魅力がさらに感じられ、お付き合いすることへの不安が解消されれば告白はきっと成功するでしょう。

告白は適度な準備でタイミングを逃さない

3回のデートで親しい関係を作ることができたのですから、あとは告白して想いを伝えるのみです。

もちろん、告白すれば断られてそれで終わりになるリスクはありますが、ダラダラと友達以上恋人未満のような関係を続けて行ってもねぇ(^-^;

告白を断られた時のダメージも交際の経験が少ないほど大きくなりますので、ダメ元くらいの気持ちで臨みましょう(^^)/

女性の立場になった場合、あなたが告白しなければ煮え切らない男や勇気のない男というイメージが強くなるだけですから、ここはリスク覚悟で突き進みましょう。

③ 初デートから付き合うまでのデート場所

付き合うまでのデート場所
それまでのやりとりにもよりますが、1回目のデートからいきなり高級レストランのディナーコースはお勧めしません。

できればお互いに肩ひじ張らずに会うことができ、会話が弾みやすい場所がいいです。

もちろん、〇〇に行って、それから〇〇を見て最後にレストランで食事…というはしごのパターンは大いにありだと思います。

まず自分の行きたい場所を決めてから

最初に書いた通り、女性との付き合いで相手の女性に合わせることは大切です。

でも、そうは言っても自分の考えもなく「どこに行きたいですか?」と女性に聞くのは愚問です。

できればそれまでの会話の中から女性の好みを掴み、相手の方の行きたそうな場所を中心にリサーチしておきましょう。

動物が好きそうなら人気の猫カフェやドッグカフェ、あるいは話題の水族館を調べておく

イタリアンやピザなど、好きな食事で気軽に行ける話題のお店をチェックしておく

映画が好きなら最近話題の映画の公開予定などを確認しておく

そして「今度お会いしましょう」となったら女性に問いかけます。
「最近行きたいと思っているところとかあります?」

「〇〇のお店とか気になっているんですが一人では行けなくて…」
と具体的な場所が出てきたらリサーチしてきたことには一切触れずに、女性の話に乗って初デートの計画を相談します。

「う~ん、特にないですけど」
と具体的な候補が出なかったら…

「そういえば動物が好きだと言っていましたよね、猫カフェとか水族館はいかがですか?」

「(ピザが好きでしたよね、とは触れずに)気になるピザ屋さんがあるのですが行ってみませんか?」
と、さりげなく提案してみましょう。

〇〇が好きだと言っていましたよね、と言えば「覚えてくれていたんですね」と好印象になるかもしれません。

〇〇が気になると言っていましたよね、と言わずに提案すれば「この人と気が合うみたい」と思ってもらえるかもしれません。

ポイントは自分の行きたい場所をもちつつ相手の女性の好みに合わせて決めることです(^^)/

30代なら候補に上げたいところをあげてみます。

① カフェ
付き合う前のデートなら時間をあまり長く設定しない方が無難です。
話題につまって長い沈黙は避けたいですから(^-^;

その点、ちょっとおしゃれなカフェは最適で長時間のおしゃべりになりません。

ただ、「カフェに行って、ハイさよなら」では子どものデートみたいです。

できればデートコースの途中に組み込みたいですね。

② 水族館
付き合う前のデートでお勧めスポットは水族館です。
お天気に左右もされませんし話題に事欠きません。

動物園もいいかもしれませんがあまりお勧めしません。

私は動物が大好きなのですが、動物が好きだからこそ動物園は苦手です。
だって、人間の都合で展示されている感が強いので(^-^;

もちろん、水族館も同じなのですが動物園よりましかな(^^)/
それに大水槽で回遊している魚はいつまで見ていても飽きません。

まぁ、私の個人的な感想ですが、彼女の考えもぜひ聞いてから決めてください。

ちなみに、初デートではないですが私も女性と水族館に行ったことがあります。
大水槽で泳いでいるたくさんのアジを見て女性が一言
「うぁー、美味しそう!」
「そこか?」と思いましたが、その女性が今の妻です(^-^;

③ 映画館
その女性が好きならぜひ映画に誘ってください。

お勧めの理由は対面でないこと、同じ方向を見ているので緊張感がやわらぐわりに超近い距離になります。

さらに、映画を観た後にカフェに行って映画の内容について盛り上がるのもいいですね。

特に観たい映画がないときは無理をしないようにしましょう。

④ 女性との共通点があるところ
上記の3つは比較的誰とでも行けるデート場所ですが、水族館や映画館は女性の興味がなければ選ばないのが無難です。

逆に女性の興味とあなたの想いが一致すれば何でもありです。

二人で美術館に行くのも、山にハイキングに行くのも、釣りに行くのもいいでしょう。

ディズニーランドやUSJで童心にかえって遊ぶのもおもしろいです。

さらに、爬虫類のイベントに行くのもありだし、自衛隊の航空ショーを観に行くのだってありでしょう(^^)/

⑤ レストラン
最初にあげなかったのはデートコースの途中や最後に組み入れてほしかったからです。

初デートでカフェでは物足りないという方にはお勧めですし、30代の男性ならではの感じもします。

ただ、お店を選ぶ際にはぜひ女性の希望を聞いてからにしてくださいね。

⑥ 気をつけたいNGな場所
一番気をつけたいのは彼女の興味がないところ、これはもう前に触れていますね(^^)/

たとえば居酒屋は初デートよりは、お付き合いがスタートしてからの方が良いと個人的には思います。

夜景のきれいなところがあればぜひ行ってみたいですが、初デートには不向きです。
夜景というと「告白」をイメージする人は私だけではないでしょう。

そんな場所に行って、ただ見るだけ…では彼女に要らぬ期待を持たせるだけになってしまいます。

自宅もNGです。

彼女のところを訪ねるのもあなたのところに誘うのもお付き合いが始まってからがいいでしょう。

④ 初デートでの女性の誘い方の極意

初デートでの女性の誘い方
女性があなたにせっかく好意をもっていても誘い方がまずいと初デートは実現しません。

デートと思わせない誘い方をする

「今度ぜひ私とデートしてください」
これ、一番マズイ誘い方だと私は思います。

なぜなら、「Yes」と返事をすれば「お付き合いをOKした」と思われるかもしれないと女性が構えてしまうことがあるからです。

「〇〇にイタリアンの店がオープンしたんだけど評判の〇〇を食べに行きませんか」

これなら、「あなたと付き合うかどうかはまだわからないけど、〇〇を食べに行くのはいいわ」
と女性が自分自身納得しやすくなります。

Yes やNo の返事が返ってくる質問をしない!

「来週の日曜日、時間が取れますか?」
「今度、〇〇に行きましょう」

これらの言い方だと
「いえ、都合が悪いです」
「ちょっとその日は…」となりやすいです。

それよりは…

「今週の土曜日か日曜日ならどちらがいいですか?」
「〇〇と△△、行くとしたらどちらがいいですか?」

この場合、質問の答えに、あなたと会うか会わないかという選択肢が無くなるため、デートが実現する可能性が高まります。

「どこか行きたい場所はない?」という漠然とした質問より答えやすいですし(^-^;

⑤ 付き合う前のデートで気をつけたいこと5つ

キスを急がない
さぁ、彼女とデートの約束ができました(^^)/
デートが実現すれば、二人の距離は一気に縮まって親密度を増してきます。
ただし、失敗してしまうと2回目のデートは実現できません。

そこで、付き合う前のデートでぜひ気をつけたいことを5つ挙げておきます。

清潔感のあるカジュアルな服装ならいい?

相手と付き合う前のデートならは女性に自分を印象付ける服装には気を遣います。

服装を選ぶ時に大切なことが2つあります。

1つ目はタイトルの通り清潔感のあるカジュアルな服装です。

もちろん、山にハイキングに行くとか海に釣りに行くなら別ですが、基本的にはカジュアルな服装が一番いいです。

もちろん新品である必要はありませんが、洗濯をしていないようなヨレヨレの服は問題になりません。

「いやいや、これがオレの飾らないいつもの姿だから…」
これは屁理屈です。

結婚式に普段着で行かないように、初デートなら少し気合を入れましょう。

もちろん、気合を入れすぎてブランドで固めたり、すべて新調するほどでは空回りしてしまいます。

2つ目は女性に合わせること。

ただ、「今度のデート何を着ていきますか?」と聞くのは野暮というもの(^-^;

私なら「日曜日にお会いするレストランは気軽なお店なので私はカジュアルな服で行きます。」
と伝えればOKです。

デート費用は割り勘?

高校生のデートではありませんから、美術館の入場券やレストランは、あなたがすべて支払う気持ちでいってください。

いずれデートの回数が重なってくれば「今日は私が払いますね♪」と女性から言ってきます。

それまではあなたが全部払うのがベスト、もしいつまでも甘えている女性なら途中で切りましょう(^^)/

初回のデートなら、「いえ、私も払います」と言われても「今日は私に出させてください」と言いましょう。

会話に詰まって沈黙したらどうしましょう?

……なんか、沈黙って気まずいですよね」と笑う
きっと相手の女性も話題を考えているでしょうから、2人でクスッと笑い合えれば一気に和みます。

緊張しているようならトイレに行って深呼吸する

自分だけ緊張している場合は、「ちょっとお手洗いに」と言ってトイレに行って深呼吸します。

深呼吸はほんとにてきめんですから試してみてください、ただし匂わないトイレ限定ですが(^-^;

会話に困ったらたちつてとという言葉を聞いたことがあります。

 食べ物の話「料理は何が好きですか」「甘いものなら何が好き?」

 地域の話「ご出身はどちらですか」「行ったことのある場所で印象に残っているところは?」

 通勤の話「今日は何で来られましたか」「通勤時間ってどんなですか?」

 天気の話「今日はとっても良いお天気ですね」「ようやく春らしくなりましたね」

 富?

富は景気や経済のお話もあるようですが、初デートの内容としては不向きですね(^-^;

手つなぎはしてもいい?

私なら初めてのデートで手は繋ぎません。
まして、「手をつないでもいいですか?」などと聞くのは30代の男性としてダメですね。

ただ、触れ合うのはお互いの距離を縮めて親密度を上げるのにはとても有効です。

そこで、チャンスがあれば次のようにしてはいかがでしょう。

手の大きさ比べ
「かわいい手ですね、ほらこんなに違う」と言って手のひらを相手に向かって出して手の大きさ比べをします。自然に相手の女性が合わせてくる可能性が大きいです。

手は冷たくない?
「手、冷たくない?」と言ってさりげなく女性の手に自分の手のひらを重ねます。
寒い冬とか、女性が寒そうな感じの時に有効です。

ハイタッチ
パッと気が合った時に「やったね!」と言ってハイタッチをします。
たいていは思わず手を出してくれるものです(^^)/

エスコート
エスコートして手を差し出します。
段差のあるところなどで手を差し出してエスコートします。
また、ドアを開けて女性を先に入ることを促すときに女性の背中(腰)をさりげなく押してあげるのも手は触れませんがお勧めです。

あとは一緒に歩いている時に手が触れ合ったようなタイミングで、自然に手をつなぐことはありますが、あまり意識して急がないようにしましょう。

キスやエッチは〇〇で

いずれも急がないこと。
20代の若者ではありませんから、勢いでコトに走らないことです。

仮にキスやエッチができても
「なんかガツガツしている感じ…」
「もしかして体目当て?」
と不信感をもたれるのが落ちです(^-^;

相手の女性と本気で付き合いたいなら、これらは少なくても告白をしてからにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします