シングルファザーのあなたが彼女を欲しいと思うのは自然なことです

シングルファザーは仕事と育児の両立ができていて評価が高く、女性にモテる要素がいくつもあります
でも、彼女と交際をするには、どうしてもクリアすべき課題もありますし相手の女性にも条件があります

では、それらを踏まえ、どのようにして彼女を探し、お付き合いに進めていけばいいのでしょう
また、何に注意していけばよいのでしょうか


全国ひとり親世帯等調査(厚労省 平成28年度)によれば、ひとり親で子どもを育てている世帯が約142万世帯あり、そのうち父子世帯は約19万世帯です

父親が親権をもつケースはとても少ないんですね
でも、実はその原因が、シングルファザーも恋愛対象になる女性がいることと大きく関係しています

シングルファザーは自信を持って彼女探しを!

シングルファーザー 彼女欲しいなら自信もって
女性からのシングルファザーの評価は高いですので自信をもって彼女を探しましょう

なぜなら、ヘタな独身男性よりよほど魅力的だからです

シングルファザーはなぜモテる

先ほどお伝えした通りですが、ひとり親家庭での母子家庭と父子家庭の割合は87%:13%(いずれも概数)です

母親に親権が渡りやすい理由がいくつかありますが主な理由は次の2つ
母親が育児の中心だったので母親が育てるのが自然
父親が仕事の関係で子どもの世話ができない

先ほどの調査でひとり親世帯になった理由ですが、父子世帯の場合は離婚が75.6%、死別が19.0%です

離婚して親権が母親にいかなかったのには理由があるはずです

一般的には次のようなことが考えられます
不倫や浪費グセといった妻の理由による離婚
育児放棄や虐待など妻の理由による離婚

つまり、父親側の原因による落ち度が少ないと考えられるのです

さらに、シングルファザーならではの魅力もあります

シングルファザーの魅力① 責任感があり頼りがいがある

会社員であれ自営であれ、仕事を続けながら子どもを育てるのは並大抵のことではありません

自分が親権をもって子供を育てる決意をしたあなたは勇気があり、責任感あふれる男性です

そして無邪気な子どもが慕うあなたは逞しくて頼りがいがあるに違いありません

女性にしてみればそれは大きな大人の男性としての魅力です

シングルファザーの魅力② 懐が広い

私ブサ男には多くの友人がいますが、30代、40代になってもまだ独身という男が何人もいます

大変失礼な言い方になりますが、正直言って何か課題を抱えている人が多いです(>_<)

たとえば
人付き合いが苦手
服装がダサく、なんとなく不潔感もある
場の空気が読めない言動が多い
ギャンブル好きだったり借金癖がある

ところが、一度結婚生活を送り、お子さんをもつシングルファザーには次のような特徴があります

女性の気持ちを推し量ることができる
家事や育児の大変さがわかるので優しさを備えている
いろいろな経験値が高く許容度が広い

要は度量が広く、器が大きいということです

シングルファザーの魅力③ 生活能力が高い

仕事をしながら家事や育児をしているので時間の使い方が上手な方が多いです

さらに、家事をテキパキこなし、子供と触れ合う時間を確保する努力をしています

当然、料理や掃除といった家事をこなす能力が高く、子どもを育てるスキルもあります

そのため、女性が将来あなたとの結婚を想像したときに、多くの女性が口にする「少しは家事や育児を手伝ってよ!」という心配がありません

実際、結婚したら家事も育児もすべて女性に押し付けてしまうような無責任のシングルファザーはいないはずです

シングルファザーが彼女欲しいならこれはNG

シングルファーザー 彼女欲しいときのNG
遊び相手の女性を探すことと、相手女性に高望みをすることはNGです

彼女が欲しいの? 母親が欲しいの? それとも

彼女が欲しいというのは漠然としています
具体的にはどんなことをイメージしていますか?

若い女の子で初婚で、可愛くて…

わかります、その気持ち!

でも、初婚の若い女性は本人がその気になっても、ご両親や周囲の人が大反対に回るケースが多いです

会ってみれば良い男性で、結婚してみたら良い人柄で…
そういうケースも知っていますが、そこに行くまでの道のりは半端なかったようですよ

とくかく家事と育児が大変で…

それは幸せを一緒に求める奥様ではなく、家政婦役を求めているのではないですか?

家事や育児を奥様と分担して、結果的にあなたの負担が軽くなることはあるでしょう

でも、それを最初から狙って彼女を探すのはあまり賛成できません

親と同居はしていませんよね

シングルファザーの場合、仕事や家事との両立がなかなか難しいですよね

そのため、実家住まいをしてご両親と一緒で、家事や育児でいろいろ助けてもらっている方がいます

もちろん、一人だけで頑張るのではなく、多くの人に協力をしてもらうのは大いに良いことだと思います

でも、彼女ができて将来結婚を考えようとするのであれば、両親との別居も視野に入れた方が良いでしょう

小学5年生以上のお子さんがいたら…

私ブサ男は恋愛相談だけでなく、多くの保護者の方の子育て相談にも乗っています

過去にこんな事例がありました

再婚どんでん返し事件
今回の内容とはちょうど逆のパターンで、独身の男性とバツイチ女性との交際です
女性はパートで働きながら中学2年生の女の子を育てていました

でも、経済的にはとても苦しい状況で、そんな時に素敵な男の人に出会ったんです

男性は経済的にゆとりがあり、なんと驚くことに好きになったその女性とその子のために家を新築したんです

そして、時期を見て結婚し、自分も同居するつもりでした

女性の方は当初は、生活は苦しくても娘さんが成人するまで男性との結婚はしないと決めていました

一方、男性は娘さんも一緒に連れて食事に行ったり、買い物も3人でするなど良好な関係を作ってくれていました

それで、子どもも懐いていたので、男性に押し切られるまま結婚して新居に住んだのです

ところが、そのころから娘さんの態度が一変、生活が荒れ始めて仲の良かった母子の関係まで崩壊してしまったんです

ご存じとは思いますが、思春期の子どもはとても難しいです

実の親子でも苦労しているのに、ハッキリ言って他人の子どもです

先ほどの娘さんにしてみれば

「ご飯食べに連れて行ってくれたり、いろいろ買ってくれて親切なおじさん」
「でも、一緒に住むのは嫌! キモイ!」
そう思っていたのではないでしょうか

できれば思春期に差しかかる5年生くらいのお子さんがいるのであれば、彼女探しも結婚もしばらく先延ばしにした方が賢明かと思います

もちろん、小学5年生未満であっても、相手の女性と良好な関係ができていて、子ども自身が親であるあなたの再婚を望んでいることが絶対条件です

シングルファザーが彼女に出会うとこ

シングルファーザー 彼女欲しいときの出会い方
彼女が欲しいなら身近な人を大切にしましょう

次のグラフは「夫妻が出会ったきっかけ」の調査結果です
出生動向調査結果から
もちろん、再婚も含んでいますが調査対象の年代はバラバラです

でも、シングルファザーだって同じことが言えるのではないですか?

よく
「出会いを増やすために習い事をしましょう」
「婚活アプリを使いましょう」

そんな言葉を目にしますが、圧倒的に多いのは
友人・兄弟姉妹を通じて
職場や仕事で
です

どうやら、あなたの人柄や性格をよく知っている友人や、職場の人が強力な助っ人になりそうですね(^^)/

友人・兄弟姉妹を通じての彼女探し

もちろん兄弟姉妹がいちばんあなたのことを理解し、応援していると思います

でも、人数に限りがあります…

そこで、友人をフル活用しましょう

仕事と子育ての両立を図っているあなたは、一般に言われるような友達作りは難しいでしょう

たとえば、
誘われたらとにかく付き合うようにするのは子どもを預けるか、子連れで行くしかありません

子連れで行けるものがあれば大いに参加しましょう
でも、子どもを預けてまで参加するのは本末転倒ですね

新たな趣味を作るのも、社会人サークルに参加するのも、習い事をするのも現実的ではありません

むしろ、子育て講座に参加するとか、子どもを連れて参加できるイベントに行くことが良いのではないでしょうか

そこには、同じような悩みを持つ男性や、母子家庭で奮闘している女性もきっといるでしょうから…

もちろん、そこに彼女候補がいるかもしれませんが、気張らずに友人作りという気持ちでいいのではないでしょうか

職場や仕事での彼女探し

灯台下暗し、意外と身近な職場に彼女候補がいるかもしれません

また、子育てをしながら仕事にも真剣に取り組むあなたの姿を見て、女性を紹介してくれる方がいるかもしれません

いずれにせよ、職場では彼女のことを一旦忘れて、仕事に没頭する方がむしろ彼女探しの近道のように感じます(^^)/

シングルファーザの他の出会い

そのほか、グラフにあるように

見合いや結婚相談所
婚活パーティーや婚活アプリ
街に出かけた時に声を掛けてみる
幼なじみや隣人にいないか

こんなことが考えられます

特に、見合い、結婚相談所、婚活パーティー、婚活アプリについては「シングルファザー」であることを前提に相手の女性が考えてくれるので進めやすいと思います

シングルファザーの相手女性に必要なもの

シングルファーザー 彼女欲しい 相手女性に必要なもの
女性の立場に立って考えみよう
今までは、男性側のあなたについてばかり話を進めてきましたが、女性であれば誰でもいいわけではありません

子供への理解がある女性

子供への理解がある女性、やはりこれは欠かせません

誰もが自分の子は可愛いものです

でも、女性があなたのことを大好きでも同じように子どもを好きになってくれるとは限りません

好きな女性ができれば、子どもを預けてでも熱々デートをしたいのはわかります

でも、それをグッと抑えて、会う時にはできるだけ子どもを含めましょう

それに難色を示すような女性ならやめた方が賢明です

シングルマザーの女性

相手の女性にもお子さんがいたらどうでしょう?

同じような境遇で同じような苦労をしているお二人はきっと話が合い、とんとん拍子に進むかもしれません

ただ注意したいことがあります

それは相性を考えるときに、そのパターンがとても増えるということです

あなた と 彼女 の相性
あなた と 彼女の子 の相性
あなたの子 と 彼女 の相性
あなたの子 と 彼女の子 の相性

これらのすべてで相性が合っていないと、将来に禍根を残すことになります

どうしても彼女が好きだけど子どもとの相性がイマイチということでしたら、お互いのお子さんが成人するまで待つほうが賢明です(^^)/

女性が望んでいることは?

さて、最後の女性の立場に立ってみましょう

3人デートをどう思う

先ほどから触れているように、シングルファーザが彼女とお付き合いを考えた時に、子供と一緒の3人デートは欠かせません

知り合いにとてもうまくいっているシングルファーザの再婚例があります

男性はできるだけ子どもを連れて出るようにしていたのですが、あるイベントで子どもとその女性がちょっとしたきっかけで仲良しになったんです

当初は男性も女性も相手のことをあまり意識していなかったようですが、子どもを間にした奇妙な付き合いがなんとなく続いたようです

そして、ついに男女の仲としての交際をスタートして結婚に至りました

とても時間がかかったようですが、3人デートを心から楽しんでいた女性のお陰で結ばれましたわけです

結婚式をどうするか

仮に彼女との交際が順調にいって結婚することになったら

あなたは結婚式を挙げたいですか?

「再婚だしなぁ」
「子どももいるしなぁ」

と結婚式を挙げることに二の足を踏んではいませんか?

もちろん、相手の女性が結婚式を望まないのであれば全然問題ありません

でも、口では「結婚式はしなくていい」と言っていても、実は内心では我慢していたりする場合があります

将来未来にわたって長い間生活を共にするわけですから、最初から我慢をさせることがないよう、十分彼女の気持ちを理解するといいですね(^^)/

子どもを一緒にした結婚式もいいじゃないですか!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします