40代の独身男性の多くが出会いがないと言います。

ところが出会いを求めて婚活パーティーに出ても素敵な女性はいないし結婚相談所や婚活サイトに登録しても進展がない。

そんな時に同窓会の案内が来たら? 実は同窓会は恋愛に発展する絶好のチャンス!
その理由は…

40代の同窓会に独身男性が行きたくなるワケ

同窓会はテンションがあがる
40代を迎えた独身男性のあなたのところにもし1通の往復ハガキがきたら…
「第25回 〇〇中学校同窓会のご案内」

あなたはどうしますか?

「自分は独身なので行っても肩身が狭い。どうせ行っても家族の話や子どもの話になるだろうし…」
「まだ結婚していない自分は何となく引け目を感じるので行きたくない」

行く行かないはもちろん自由です。

でも、あなたが次のどれかに当てはまるならちょっと考えてみませんか?
出来れば結婚したいけど仕事が忙しくてなかなか出会いがない
婚活パーティーや街コンにでたりして出会いの場に出かけるようにしているけど成果が出ない
結婚相談所や婚活サイトに登録しているがスムーズに交際に進まない
マッチングアプリを使うがネット上で出会った女性が信頼できるか心配

なぜなら、同窓会の出会いは、こういった恋愛や交際を邪魔する点がまったくないんです。

40代の同窓会の特徴

まず、20代の若い世代の同窓会は大勢の同級生が集まりません。
まだ学生の人もいるし、仕事も就いたばかりで大忙し、それにまだ「懐かしいねぇ~」というほど年月も経っていません。

30代は微妙です。
仕事や子育てに忙しい人が増え、既婚者と未婚の人たちの溝が一番できやすい年代。

それこそ、多くの男性が心配するような引け目や劣等感を否応なく感じることが多くなります。
もちろん、独身女性の参加も少なくなります。

40代はちょっと違います。

アラフォー世代になっていますから、既婚者はそろそろ子育てが一段落する段階です。
また、独身者の人たちも生活にゆとりが出てきていますし、何よりも精神的に安定しています。

さらに、離婚して1人になっている人もいれば、離婚してシングルで子育てに頑張っている人、パートナーとの死別で一人になった人など多様な人たちがいます。

そのため、「あなたが出るなら私も行くわ」といった感じで、独身だとか既婚や離婚、子どもの有無などを気にしないで参加する人が増えます。

ある同窓会などのセッティングをする会社の調査によれば40代の人の同窓会が一番多いんだそうです。

40代女性の恋人探し

参加人数が増え、先ほどのように多様な人たちが集まりますので、中には恋人探しをしに来ている女性もいます。

ただ、20代の若者の恋とは違います。

家庭の事情で独身のままアラフォーを迎えた女性もいるでしょうし、シングルでの子育ても一段落して、改めて再婚の相手を求めてきている女性もいるでしょう。

こういった女性は、長い期間、男性との出会いがない生活をしてきたり、出会ってもうまくいかずに来た人がいます。

そういった人たちが同窓会に参加しているので恋愛や結婚を考えるには絶好のチャンスになります。

人数が少ないから独身の女性に出会う確率が悪いでしょ!

さきほどの同窓会のセッティング会社の調査によれば、同窓会の出席率は多くても50%、少ない場合だと25%くらいのこともあるそうです。

200名の学年の場合でも多くて100名、少なければ50名。
女性がその半分、さらに既婚者を除けば…

確かに人数的には効率がよくないことは確かです。

ところが同窓会から恋愛をスタートすることについては、人数だけでは語れない強い魅力があるんです。

40代の同窓会が恋愛に発展しやすいワケ

同窓会は恋のチャンス
婚活パーティーで女性と話をするのとまったく異なります。
婚活サイトやマッチングアプリで出会った女性との出会いとは全然違うんです。

「初めまして、私は〇〇〇〇……」という前置きが不要で「懐かしいね、ところで今は結婚しているの?」とストレートに話題に入れます。

たとえ人数が少なくても恋愛に発展しやすい理由は他にもあります。

女性のテンションが上がりやすい

最初は静かに同窓会の受付を始めても、まもなくあちらでもこちらでも

「久しぶり~ 懐かしいわぁ~」
「変わらないねぇ~」

そんな歓声が上がります。

さらに

「ねぇねぇ あの壁際の人って誰だっけ」
「今日は〇〇さんも来ているんでよね、どこにいる?」

と最初から盛り上がります。

このテンションの高い状態では人は恋に落ちる可能性が高まります。

婚活パーティーとはこのようにスタートからまったく違うんです。

昔の恋バナに花が咲くと…

お互いの顔と名前が一致してくると昔の思い出話が出るのと同時に、恋バナにも話が発展していきます。

当時付き合っていたけど別れてしまった2人の再会
男性が片思いしていた女性との再会
女性が片思いしていた男性への告白

「いやぁ~、実はあの頃あなたのことが好きでさぁ~」
「あの時、別れちゃったけど今は結婚しているの?」
そういった話があちらこちらで聞かれるようになると、女の子だけでなく、男の方だって感情が高ぶってきます。

同窓会の雰囲気がこのようにテンションがあがり、さらにお酒が進んでくると、この出会いが恋愛に発展する可能性が高まってきます。

好きだった相手が独身だったら…

さらに…。

あなたの目の前にあの頃思いを寄せていた女性が独身のままでいたら…。
再会したかつての女友達が夫と死別して子育てに奮闘していたら…。
再び出会った彼女が離婚して今はシングルでいたら…。

子どものころや学生時代にお互いに好き、あるいは好ましいと思っていたのであれば、この再会はもうそのまま恋愛の入り口のようなものです。

お互いの変わった点に萌える

もちろん、中学生や高校生の時にお互いに好き同士である必要はまったくありません。

当時はあまり印象になかった人も、
「あれ? ずいぶん素敵になったけど、あの女性は誰?」
こんな場合も恋愛に進める可能性がとても高いと言えます。

逆に女性の方もあなたのことを
「あら、素敵になったじゃない!」
そう思ってみているかもしれません。

同窓会という独特な雰囲気の中でテンションが高く気分が高揚している時に、こういったギャップを感じると恋に落ちやすいこと間違いないです。

あの頃、男の子と対等にやり合っていたおてんば娘が見違えるようにしっとりとした女性になっている。

中学生の時はおとなしくて目立たなかった女の子が、堂々として友人と話している。

こんな場面に出会ったら声をかけないという選択肢はないですよね(^^)/

実はあの頃好きだったという恋の展開

実は私、ブサ男にもその経験があります。

「中学3年の時クラスが一緒だったじゃん、一度だけ席が隣同士になったことがあるんだけど覚えてる?」
「あの頃ね、あなたのことが好きだったの」

そう女の子から言われました。
コレ、マジホントの話です。

でも、その時の出会いはお互いに既婚者同士でしたのでそれ以上進展はしませんでしたけどね…」

今思えば、連絡先くらい交換しておけば良かったなと悔やんでいますが…。

実は、この「あの時好きだったの!」と言ってくれた女の子が他にもいたんです。

中には思わず
「えーっ、言ってくれれば今頃一緒に暮らしていたかもしれないのに~」
と本気で悔しい? もったいない? 思いをした女の子もいました(^^)/

独身の男性と女性の者同士でこんな会話が交わされれれば初婚だろうがバツイチだろうが、もう会場を抜け出して2人の世界になっていいくらいです。
もちろん、そうなる可能性はとても低いと思います。
でも、そういうテンションの高い同窓会の雰囲気こそ、当時お互いに好き同士でなかった人たちの恋心に火をつけるんです。

そのため、当時特別な感情を持たない同士の出会いでも、場の雰囲気に気持ちが高揚して交際に発展する高い可能性があります。


40代の同窓会の恋愛が結婚に結び付くワケ

同窓会から始まる恋
40代の同窓会の集まりが恋愛に進みやすいのは、次の要件があるからです。

子ども時代の思い出話で盛り上がりやすい
小学生や中学生の時の共通体験をしているので親近感がある
お互いの恋バナで盛り上がる同窓会の雰囲気で気持ちが高揚している
あの頃とは違うギャップに新たな魅力を発見できる

ただ、それだけでは恋愛から結婚へのなかなか進むものではありません。

恋愛からさらに進んで結婚に至るには次のようなことが理由として考えられます。

お互いに相手の素性が分かるので安心できる

婚活パーティーや婚活サイトで出会う人も基本情報はわかります。

でも、登録に際して自分をよりよく見せようと自分の信条や趣味などを盛ってしまう方もいるようです。

婚活系のサイトやマッチングアプリなどでは年齢をサバ読みしたりする人もいると聞きます。

そのように初めて会った女性とお付き合いをし、結婚まで考えるには相手の素性があまりわからなくて不安だという人は多いようです。

ところが、同級生ですから、住んでいた場所から人柄、さらにお父さんやお母さんのことだって知っている場合もあります。

つまり、相手の素性がまるわかりなんです。

もちろん、男性側だけでなく、相手の情勢もあなたの素性がわかりますから、結婚の判断をするときに安心感があると言えます。

女性が感じやすい運命の出会い

女性はいくつになってもロマンチックな恋に憧れるようです。

「いつか私にピッタリの素敵な男性が白馬に乗って現れるの!」…みたいな(^-^;

そのため、女性が同窓会というテンションの高まった会場で、自分も気分が高揚してくると、そこでの出会いがまるで運命のように感じられるでしょう。

「私たちは今日、ここで再会したのが運命だったのね♪」

新たな恋愛をスタートさせるのに最高のシチュエーションではないですか!

40代の同窓会でつかんだ恋愛を育てるコツ

同窓会の出会いから結婚へ
40代なら40代ならではの恋愛の始め方があります。

そして、40代の恋愛ならではの注意していきたい点があります。

連絡先の交換をしたらすぐに付き合い始める

同窓会の出会いから始まった恋は熱しやすく冷めやすい側面をもっています。

何回も書いたように、お互いのテンションが上がり気分が高揚した中で始まった恋です。

同窓会が終わって自宅に戻り、いつもと同じように仕事を再開すると日を追うごとに、せっかく高まった恋心が覚めてしまう危険があります。

まずは連絡先の交換をします。
電話番号とLINEの両方があると場面によって使い分けができるので便利です。

連絡先を交換したら少なくてもLINEは毎日、電話も週に1~2回はしたいものです。

そして、そこからお互いのペースに合わせるようにLINE連絡や電話連絡の頻度を調整していきます。

さらに、少なくても月に1回は会うようにできるといいですね(^^)/

同窓会から始まる恋で避けたいこと

いくら子どものころから知っている中でも、いきなり次のような話題を出すのはやめた方が無難です。

具体的な収入についての話
卒業後の恋愛遍歴の話
自慢話や人の悪口

最後になりますが、とても重要な話です。

相手の女性にお子さんがいる、いわゆるシングルからの再婚であってもまったく問題がないのですが、どうしてもしてはいけない結婚があります。
それは、相手のお子さんが小学校高学年~高校3年生までの場合は結婚をやめた方がいいです。
ブサ男は思春期のお子さんをもつ女性と結婚して失敗した男性を何人も見ています。

いくら子どもも応援しているからとか、子どもも納得しているからと言っても、いざ結婚して同居すると様々な問題が出てきます。

決して結婚をあきらめる必要はないのですが、せめて高校を卒業してお子さんが独り暮らしをするまでは待ってあげた方が良いかと思います。

思春期の子どもは不安定でもろいもの、理屈ではなくその心情をわかってあげる度量の広さをお持ちいただくのが賢明でしょう。

それではまた(^^)/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします