ファッションセンスが良くメイクもバッチリ可愛い女性ならぜひお付き合いしたいものです

でもその女性、お出かけ前のメイクに2時間もかかり、化粧品や洋服の購入代が収入の半分も占めているならどうでしょう?

彼女との恋愛を楽しむのは良しとして結婚はちょっと考えものですよね

結婚に向かない女性度を診断してみよう

一緒に暮らすようになれば、可愛いメイクだけでなく、すっぴんの素顔を見ることだってあります

やがて年齢を重ねていけば可愛い可愛いといつまでも言っていられません

その時になって譲れない面がクローズアップしてもすでに時遅しです(^-^;そうなる前に次の10項目でちょっとチェックしてみましょう(^^)/

結婚に向かない女性度チェック
問1 : その女性は仕事と家事のどちらが好き?
問2 : 女性と親御さんとの関係は?
問3 : 彼女と食事をしていて気になるのは
問4 : 彼女のあなたへの依存度は?
問5 : 彼女に男友達は?
問6 : 彼女の感情表現は?
問7 : あなた以外の人への彼女の気遣いは?
問8 : あなたと意見が違う時に彼女はどうします?
問9 : 彼女の身近に不幸な出来事があったときに
問10 : 結婚について彼女はどう考えています?

診断結果を見てから解説を読んでくださいね

女性は仕事と家事のどちらが好き?

家事は嫌いなんです

家事より仕事が好きみたい
料理や洗濯が好きみたい
仕事が好きな女性も家事の好きな女性もどちらも素敵だと思います

専業主婦の世帯はどんどん減り、共働き世帯が増えています

総務省の労働力調査によれば共働き世帯の割合が48.8%(総務省2017年データ)ですから仕事のできる女性はとても頼もしいです

でも、あまりに仕事熱が高いのは女性としては魅力がありますが、妻としてはやや疑問が残ります

ブサ男の大好きな女優、石田ゆり子さん、深田恭子さん、石原さとみさんは皆独身です(2020.4現在)

東京都知事の小池百合子さんは留学生時代に結婚していますがお互いの道を歩む選択をして離婚したと言われています

結婚できるかどうかは縁にもよりますが、結婚に向く女性と向かない女性もやはりいるように思います

話は少し変わりますが、家事ができない女性にも二通りあります
家事が嫌いな女性と、家事が得意でない女性です

家事が嫌いな女性は何年経っても嫌いなものは嫌いです
何か特別なことがなければ生涯好きになることはないでしょう

一方、得意でない女性もやっているうちに上手になりますので、嫌いじゃなければ問題ないと思います

まぁ、専業主婦で家事以外は何もできませんというもの困りますから、ある程度仕事もできて家事が嫌いでない女性が理想とも言えるでしょう

彼女のお母さんを見ると何となく彼女の将来像が想像できますよ

女性と親御さんとの関係は?

親元を離れないで超仲良し
一人暮らしで親とは適度な距離
親と超仲良しというのは危険です

まして親元を一度も離れたことがないのであればブサ男なら結婚相手としては避けたいところです

男性にも言えることですが、年齢相応の成長をしていくにあたって自立しているかどうかは重要です

親も娘が大好きで手元(自分の家)に置きたいし、その女性も親が大好きで一緒に暮らしたいというのは高校生くらいまでならOKですが、仕事に就いてからも続くようなら少し警戒しましょう

あまりに親ベッタリの女性は親離れしていないかもしれません

結婚してから「うちのパパならそんなことは言わない!」なんて言われたらたまらないでしょう?

彼女と食事をしていて気になるのは

気になるのは偏食か嗜好の違いか

彼女の偏食が気になる
あなたとの嗜好の違いが気になる

難しい問題です

偏食はできれば避けたいのですが、彼女がたとえ強い偏食でも、その食事にあなたが何の不満もなく付き合えるなら問題はありません

むしろ、あなたとの嗜好の違いの方が問題になります

たとえば女性は野菜大好きで揚げ物などは嫌い、あなたはガッツリ系が好きで生野菜は大っ嫌いなどというと結婚してからなかなか苦労します

女性がお酒を全く飲まない人だと、あなたが好むお酒への理解は低くなるでしょうし、お小遣いも少なくなるかもしれません

まぁ、将来の子どものことを考えれば強い偏食は困りものではありますが…

彼女のあなたへの依存度は?

甘えることはあっても依存してこない
全面的に可愛くえてくる

全面的に甘えてくる女性って可愛いですね(^^)/

でも、考えてみてください

40歳になっても、60歳になっても生活上の様々なことをすべてあなたに甘えてきたら…

やはりきちんと自立して自分一人でもある程度やっていけることがとても大切になります

理想は、一人で生きていける男女がお互いの足りないところを補いながらより良い生活を目指すことだとブサ男は考えています

ですから彼女が甘えてきて可愛いんだよなどと鼻の下を長くするのは危険かもしれません

あまり自立心が強いのも「離婚して一人で生きていきます」などと言いかねませんけどね(^-^;

彼女の男友達は?

彼女はモテるんです

彼女はモテるので男友達が多い
男友達はいないようだ

多くの男性にモテてるような素敵な女性を射止めようとしているあなたは素晴らしいです!

でも、結婚してあなたに飽き足らなくなったり、何かのきっかけであなたに失望したときに他の男に走りませんか?

合わせて、彼女の恋愛体質がどれくらい強いのかもちょっとチェックしてみましょう(^^)/

むしろ男友達がいるとは聞いたことがないくらいの方が安心していられます

もっとも、同性の友達がどれくらいいるのかも問題です

男友達だけでなく女友達もほとんどいないようなら「人付き合いができるのかな?」と一応疑ってみましょう

同性の友達がたとえ少なくても、その友達を大切にして長い付き合いをしているようならまったく問題はないですから…

彼女の感情表現は?

泣いたり笑ったり怒ったりと激しい
笑顔は見せるが泣いたのは見てない

喜怒哀楽などの感情が豊かな女性は素敵です

でも、喜怒哀楽が激しい女性は一緒に暮らしていると疲れるでしょう

あなたがちょっとした失敗をした時にイラついてヒステリックを起こすような女なら結婚はやめた方が無難かもしれません

お付き合いをしている時に、ちょっとしたことで泣いた彼女の涙を目にするとグッとくるかもしれませんが、困ったことがあるたびに泣きつかれたら困りますよ!

あなた以外の人への彼女の気遣いは?

女性は誰にでも優しいですか

他の人より私に対する気遣いがすごい
他の人より特別な気遣いは感じない

あなたへの細やかな気遣いや心配りがある女性は素晴らしいです

でも、ちょっと冷めた目で他の人に対してどうしているかを見てください
お年寄りへの態度
小さな子供への態度
注文を間違った店員への態度

そんなところにその女性の本性が表れるものですから…

まぁ、他の人とあなたへの態度がまったく同じなのはちょっと寂しいですけどね(^-^;

あなたと意見が違う時に彼女はどうします?

自分の考えを強く主張してくる
彼女が自分の考えをごり押しすることはない

「女性はできるだけ男性を立てるものだ」
こんなことを言うと「時代錯誤だ!」とか言ってくる女性もいるかもしれませんね(^-^;

でも、はっきり言っておきます

自分の考えをきちんと持ち、それをちゃんと主張できることは素晴らしことです
でも、自分の主張に固執する女性はダメです

まぁ、これは男性にも言えることですが(^-^;

私も二人の男の子を育てましたが、いくら夫婦喧嘩をした後でも子どもの前では夫を立ててくれた妻には感謝しています

自分の考えを一歩も引かないで主張する彼女を見てどう思いますか?

「おお、なんと強く頼もしい女性だ」
「そこまでごり押ししなくてもいいのに」

一方の考えに偏らないで彼女を見ていきたいですね

私もそうですが意外とプライドが強い男性は多いもの!
あなたのプライドを尊重してくれる女性の方が結婚には向いていると思います(^^)/

彼女の身近に不幸な出来事があったときに

悲しみをいつまで引きずりますか

真面目で長くそのことを気にしている
わりと切り替えが早い

親戚で不幸があった後に、意外とさばさばとして切り替えの早い女性をみて「なんて情の薄い女だ!」と思います?

親戚で不幸があったときに、いつまでもそのことを気にして落ちこんでいる彼女を見て「俺が守ってやらなければ!」と思います?

好みが分かれるところかもしれません

付き合っている恋愛時代なら「守ってやる」と思うかもしれませんが、結婚してから様々なことが起こるたびにいちいち落ちこんで、しかもそれが延々と続いたら大変だと私は実感としてもっています

悲しいことや苦しいことがあっても、ある程度のところで切り替えて前向きに、ポジティブに進む女性のほうがいいですから(^^)/

結婚について彼女はどう考えています?

結婚に高い理想をもっている
結婚後のことを相談してくる

結婚に悲観的な女性より理想像をもっている女性の方が好ましいと思います

ただ、あまりに結婚を美化して、そこに過大な期待をしている女性は危険です

結婚すれば幸せが手に入るのではなく、結婚してから二人で幸せを築いていくものでしょうから…

現実的でやや興ざめするかもしれませんが
結婚したらどこに住むのか
女性は仕事を続けるのか
子どもを望むのか望まないのか
将来どんな生活を求めていくのか
甘い恋愛の一方で、そんな現実的なことも考えていく必要があるでしょう

中には難しい問題もあるでしょうが、それを避けずに一緒に考えてくれる女性がいいですね

恋愛と結婚は本当に違うのか

恋愛を楽しむだけ楽しんで、結婚となるとまったく違う女性と一緒になるような男なら私は友達にはしたくありません

ただ、大恋愛をしてアバタもエクボ状態で勢いで結婚に突入すると後悔すること必至です(^-^;

そこで、恋愛を楽しみつつ、時にはちょっと冷めた目で彼女だけでなく自分自身を見つめてみるをお勧めします

お互いに完璧な人間ではありませんので、自分の欠点を彼女が受け入れてくれるなら、あなたも彼女の劣るところをしっかり受け止めていきましょう(^^)/

ただ、金遣いが荒い、宗教が受け入れられないといった根本的な相違がなければ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします