彼女との喧嘩って、ささいなことが多くないですか?
「この前ちゃんと言ったよね」とか

時には
「何? 今の言い方!」
といった言い方だけで喧嘩が始まったりします(^-^;

そして言い合いがエスカレートしてしまい最後に
「今日はもう帰る!」
と言ってせっかくのデートが台無しに…


その後はたいがい後悔するんですよね

「せっかく楽しみにしていたデートだったのに」
「なんで、あの時にあんなにムキになったんだろう」

できれば彼女と喧嘩しないで仲良くしたい

そんな男性向けの彼女と喧嘩しない予防策です

彼女と喧嘩しないために我慢しますか?

男性が一方的に我慢
彼女とは良く話し合っているのでどちらも我慢していない
彼女と喧嘩しないためなら自分が我慢してもいい
自分は折れたくないので、彼女が我慢してほしい
彼女も自分も気が強いのでどちらも我慢して折れることはない

①は恋人同士としての理想像ですばらしい!
②はよほど器が大きい男性か、生涯奥さんの尻に敷かれるかどちらか
③は亭主関白で押し通すか、いつか奥さんから三下り半を突き付けれるか
④はあなたの意識を変えるか、今のうちに別れるか

我が家の場合は④タイプでしたが、何とか離婚は回避しています

お互い手を出すことはしないので、言い合いでぶつかり合いながら何とか夫婦生活を続けてきました

でも正直のところ、「もう少し物分かりの良い可愛い奥さんの方が良かったかも」と思っています

最近は私の方が器が大きくなり(?)奥さんの言い分を受け入れることが多くなって小康状態を保っています(^-^;

男性のあなたにせよ相手の女性にせよ、過度な我慢を長期間するのは身体に良くないです!

そこで、カップルのための予防策6個を参考にどうぞ

彼女とのケンカ予防策① おはよう

彼女と明るいあいさつをする
多少嫌な思いをしても、その感情を引きずらないこと
そして、その後最初に会う時に必ず明るい挨拶を心がけましょう

「おはよう!」…と

挨拶と言っても恋人同士なのですから堅苦しい言葉は必要ありません

「お疲れ!」
「早かったね」
「大変だったね」
「ありがとう」
「いつも素敵だね」
いつもこんな感じで明るい言葉をかけていれば彼女との喧嘩の予防になります
先日、友人夫婦を招いて我が家で飲んだのですが、話をしていておもしろいことがわかりました

たとえば夜、ちょっとしたことで言い合いになったり喧嘩をしたとします
それを翌朝まで引っ張るかどうかについて完全にタイプが分かれたんです

Aタイプ 一晩寝れば忘れる
私の妻と友人の男性は寝て起きればリセットしてしまうので、もう怒りの感情はほとんどなくなるんだそうです(私にしてみれば不思議です)

Bタイプ 一晩寝ても根に持つ
友人の奥さんと私がこれで、そんなすぐには気持ちが収まらないでしょ!という方でした

根に持つというと闇を感じるような深刻さが感じられますが、そこまでではないです(^-^;

要は、
「眠っている時間の自覚はないから、寝た瞬間に朝目覚めるでしょ! だからまだ怒りの感情はあって当たり前だよ」
というのが私たちの言い分です

あなたはどっち派ですか?

もしあなたも彼女もAタイプなら簡単ですね
翌朝には切り替えて明るく挨拶すれば二人の感情をリセットできそうです

あなたがBタイプで彼女がAタイプなら、あなたが意識して切り替えて明るい挨拶をしたいところですね
私と一緒です(^^)/

自分のことですから正直に言えば、リセットして明るい挨拶でスタートするのは言うほど簡単ではありません

自分の感情を頭や理性でコントロールして抑え込むことはできませんので…

彼女がBタイプの場合や、二人ともBタイプの場合は相手に変わってもらう必要があるので、解決はそう簡単ではなさそうです

「いつまで怒っているんだ!」
などと声を荒げないで、気長に待ってあげてくださいね(^^)/

彼女とのケンカ予防策①
前の感情を引きずらない
明るい言葉かけからスタートする

彼女とのケンカ予防策② 日頃の会話

彼女と楽しい会話を
彼女との喧嘩を予防する方法②、それは「いつも楽しい会話を心掛けること」です

あなたは彼女といつもどんな話をしていますか?

仕事上の愚痴
会社の同僚の悪口
社会への不満
政治家への文句
もやもや思っていること

こんなネガティブな会話内容が多ければ彼女とのケンカを誘発しかねません

「ねぇ、そんな話ばっかり聞かされる私の身にもなってよ」
「また愚痴? なんか最近多くない?」
「いつも人の悪口を聞かされるのは気分悪いんだよね」

ストレートに言ってくる彼女ならいいですが、何も言わずに心の中だけでそう思っているとしたら…

不満が溜まった彼女はちょっとしたきっかけで不機嫌になり、大喧嘩が勃発するかもしれません

楽しかった前のデートの時の思い出
昨日見て大笑いしてしまったテレビ番組の話
次回のデートの楽しい提案や相談

彼女との会話は強力ポジティブで楽しい話になるようにしましょう

彼女とのケンカ予防策②
彼女との会話を楽しい内容にする
愚痴や文句などのネガティブなことを言わない

彼女とのケンカ予防策③ 小出しにする

彼女に言いたいことは小出しに
お互いに相手に不満があるから喧嘩になるんですよね

先ほどのように、思ったことを相手に言わずにため込んでいるから、ちょっとしたきっかけで喧嘩になるんですよね

だったらお互いに小出しにすればいい

「今の言い方、なんかちょっとへこんだ、ちょっとだけだけどね」

「〇〇さんのそういうのちょっと苦手なんだ、でもめっちゃやさしいから好きなんだけど!」

「オレって鈍感だからさ、嫌な思いをしたときとか、すぐに教えてくれる?」

「お互いに気がついたことは本音で言えると、もっともっと仲良しになれると思うけど、どう?」

お互いに明るい将来を目指して、本音で語り合える関係を作りたいものですね(^^)/

彼女とのケンカ予防策③
不満や本音は小出しに
やさしく彼女を傷つけないように語りかける

彼女とのケンカ予防策④ 物は言いよう

彼女への言葉、物は言いよう
「今度の日曜日、ヒマでしょ! 服選びに付き合ってよ!」
「〇〇ちゃんはセンスいいよね、服を買いたいのでアドバイスもらえない?」

「えーっ、また休日出勤なの? もう何週間も会っていないんだよ!」
「また休日出勤? それは大変だね、会えないのは寂しいけど〇〇さんは期待されているんだね」
ここは想像力をフルに発揮しましょう
この言い方で誤解されないだろうか
こう言ったら彼女は傷付かないだろうか
もっと上手な言い方はないだろうか
これは想像力、シミュレーション力の勝負です!
それから間違っても余計な一言は言わないこと
「最近少し太った?」
「今度同じ部署にめっちゃ可愛い新人が入ってきたんだ」

彼女とのケンカ予防策④
言ったらどうなるかシミュレーションしてみる
物は言いようで丸く収まる

彼女とのケンカ予防策⑤ イライラしたら

彼女と話していてイライラしたら
イライラすることがあったら一旦そのことから離れて頭を冷やします

彼女と一緒にいるときにイライラすることがあったも、すぐに言葉や態度に表さず、いったんお腹の中に飲み込みましょう

ただ今までお伝えしたように、不満をあまりため込むのはよくありません

言いたいことを小出しにして、物は言いようを意識することが大切でしたね(^^)/

そこで、
何かイライラすることがあったら一旦お腹の中に収める
後で振り返って、やはり彼女に改善してほしいと思ったら
どのように言えば角を立てずに彼女が気持ちよく聞いてくれるか考える
また同じイライラする場面になったら③で考えたことを実行します
彼女に変わり目が見えたら感謝の気持ちを伝えます(もちろん最善の言い方で…)

彼女とのケンカ予防策⑤
イライラしたら一旦お腹の中に飲み込む
同じ場面に出会う前に作戦を立てておく

彼女とのケンカ予防策⑥ 期待しない

彼女にあまり期待しない
期待するから期待通りじゃないとガッカリするんですよね
期待するから裏切られて悲しい思いをするんですよね
期待するから肩透かしをくうと怒りになるんですよね

もっとも何も期待しないような女性なら、あなたの彼女としての価値がないかもしれませんが

まぁ、相手の女性への期待はほどほどが良いと思います

それより、彼女があなたに期待していることは何かを考え、それに応えようと行動することの方が有意義です

そんなあなたには、彼女も期待に応えようとしてくれるんじゃないでしょうか

もっとも、それもあまり期待しない方がいいですが…

彼女とのケンカ予防策⑥
相手の女性に過度な期待をしない
彼女があなたに期待しているものを想像してみる

彼女のケンカ腰がなおらない場合

彼女の喧嘩腰が治らない場合
彼女が心広い女性で、あなたが多少頑固で折れない性格でも円満にいっていれば良いのですが…

逆に、あなたが心広い男性でも彼女がまったく折れないで、何かあれば喧嘩腰になる場合はどうしましょう

私なら、とりあえずここに書いた6つの予防策を2~3ヶ月続けてみます

それでもまったく変化の無いわからずやの女なら私は別れて別の女性を探します(^^)/

※ただ、実践はくれぐれも自己責任で大人の対応をしてくださいね

下の記事は、このページの予防策を実践してもまだ喧嘩が絶えないお二人のための最強改善さくです

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします