40代同士の恋愛っていいですね。
落ち着いた大人の魅力あふれる男性と女性の素敵な関係が目に浮かびます。

ただ、独身か既婚者なのかによって大きな違いがありますし、恋愛を楽しみたいのか、結婚を意識した交際なのかによっても変わってきます。

そこをはっきりさせないと女性から愛されるどころか、嫌な思いをすることになりかねません。

結婚したいの? それとも…

恋愛を楽しむだけ?
恋愛にしろ結婚にしろ1人ではできませんので、自分の考えだけでなく相手の女性の考えによって恋愛を楽しむ関係がいいのか結婚することがいいのかが変わってきます。

恋愛結婚ではありません。

でも、女性は若い頃はもちろん何歳になっても、恋愛と結婚を結びつけて考える方がいますから注意が必要です。

あなたは?

ご自分がどう考えているかを知り、それを前提にお付き合いをすれば思い通りに進む可能性が高まります。

A男 恋愛をし、交際を経てぜひ結婚したい
B男 素敵な女性と出会えば結婚したいけど無理にしなくてもいい
C男 恋愛はしたいけど結婚をする気持ちはない
D男 結婚したくないけど、周囲からうるさく言われて焦っている

あなたは誰の考えに近いですか?

結婚したい、いい人なら結婚したい

あなたがA男、B男の考えに近ければ…

私、ブサ男は結婚して子どももいますが、家族がいるって素晴らしですよ、ぜひ今のお考えを大切にして結婚を目指してください。

結婚を目指す場合、当然ですが、あなたと同じように結婚をしたいと考えている女性と交際しないといけません。

知人の紹介でもいいでしょう。
結婚相談所に登録するのもいいかもしれません。

この2つの場合は相手の女性に結婚の意思があると思っていいです。
心配だったら知人の場合は事前に確認しましょう。

結婚の意思がないのに結婚相談所という人はいないですよね。
お手上げのブサ男

趣味の出会いであれ、仕事関係の付き合いであれ、何かのきっかけで知り合って意気投合した場合は、女性に結婚の意思があるかどうかがわからないので要注意です。

また、出会い系サイトや出会い系アプリなど、ネット上で知り合った場合も恋愛を楽しみたいだけの人がいますから注意が必要です。

相手の女性に結婚の意思がないまま交際を続けていってもその恋は実りませんから…。

恋愛したいけど結婚したくない

C男の考えと同じ場合ですが、その気持ちもわかります。

女性を好きになって交際をして楽しく過ごすのはいいけど、年齢を含めいろいろ考えると結婚までするつもりはない。

結婚ひとつとってもいろいろな考え方があり、その考えも尊重されると思います。

ここで注意した方が良いのは1点だけ。
結婚願望のある女性とは付き合わないこと。

最終的にお互いに嫌な思いをするだけですから…。

結婚したくないけど、周囲からうるさく言われて焦っている

D男さんの場合ですね。

苦労があって大変ですね。

昔に比べれば、結婚について周囲がうるさく言うことは少なくなったとはいえ、無くなったわけではありません。

大変でしょうが、「自分はあまり結婚を望んでいない」ことを丁寧に周囲に伝えていきましょう。

でも、“焦っている”という言葉から多少は結婚の意思があるようにも感じられますが…。

もし、周囲からのプレッシャーが強いのであれば、無理に結婚してもあまり幸せは望めないような気がしますので考えてみてはいかがでしょう。

周囲の圧力なんか関係ありません。
あなたの人生なのですから…

結婚したい…にあうんの呼吸なし!

20代の恋愛なら、結婚をまったく意識しないで相手の女性のことだけを想っていれば良いと思います。

でも40代の恋愛は違います。

A男のタイプであれ、B男のような考えであっても女性にはっきりと自分は結婚を前提に考えていることをきちんと伝えましょう。

「きっとわかってくれているだろうから…」
こういう思い込みだけで進んで、いざとなったら

「そんなつもりはないんですけど…」
となっても困りますからね(^-^;

40代だからこそ配慮していきたいことが1つあります。

中には、次のような不安から結婚に迷いをもっている女性がいるかもしれないということ!
「子どもが欲しいと言われたらどうしよう」
「一緒に住みたいと言われて舅や姑がいたら困るな」

「私は結婚をしたいと考えていますのでそれを前提におつきあいください」
という言葉だけでなく、自分が相手の女性に何を望むのか、どのような関係にしたいのかをきちんと伝えることが大切だと思います。

では、具体的に考えてみましょう。

どういう女性と付き合いたいのか

40代同士の交際
先ほどの確認になりますが…。

結婚や子どもについてどのように考えている女性がいいのかは基本的事項で重要です。
結婚したいと思っている女性と付き合いたい
子どもを持ちたいと思っている女性がいい
子供にこだわらず、良きパートナーとして生涯一緒に暮らしたい

次にどのような結婚生活を望んでいるのかも重要です。
一緒にいて落ち着ける相手を望んでいる
共通の趣味を生かしていきたい
二人でアクティブにいろいろ挑戦したい
女性の性格はどうでしょう。
芯が強い自立した女性がいい
自分を頼ってくれるような女性がいい
何事も二人で相談していくような謙虚な女性がいい
仕事に打ち込んでいるような女性がいい
もちろん現実は思い通りにはなりませんが、そういった思いがはっきりしていると、女性の方も自分に合うか合わないかを早い段階で判断できるのではないでしょうか。

一番困るのは、付き合いが長くなったあげく、
「私たちは基本的な考えがあっていませんでしたね」
と言って別れるパターン。

失礼ながら、私ブサ男もそうですが、お互いに若くないのですから、無駄な足踏みの時間は最小限にしたいと思いますがいかがでしょう。

さて、それらを乗り越えて、いよいよ付き合うとなったら…
具体的なことは次章で触れたいと思います。


どのように付き合うのがベストか

こまめに連絡する
これも20代のカップルと違いますから、ある程度割り切ったお付き合いがベストだと思います。

彼女との連絡の方法と頻度

連絡やデートの頻度について

「デートは月2~3回、メールは毎日しています」
「お互いに忙しくて会うのは月に1回がやっと。連絡は週に2~3回しています」
お互いに40代で仕事はもちろん、地域でもいろいろな役割をもって忙しい方が多いと思います。

どれだけ連絡し合い、どれだけ会えるかはケースバイケースです。

でも、これだけは言えます。

連絡の頻度、会う回数が多ければ多いほどその恋愛が実り、結婚できる可能性が高くなります。

若い子のようにトキメクような恋は期待できません。

だからこそ、お互いに頻繁に連絡を取り合い、できるだけたくさん会って、いっぱい話をして盛り上げていく必要があります。

二人の熱意こそ40代同士の恋愛の最大の秘訣ではないでしょうか。

結婚すれば毎日顔を合わせることになるわけですから…

もし、頻繁に会うことが重荷だったり苦痛に感じるようなら結婚をしようと考えず、一定の距離を保った関係を望む女性と付き合うか、生涯独身を貫く方が合っているのかもしれません。

結婚するのが良いとか悪いとか、独身でいることが良いとか悪いといった問題ではなく、自分がどういう生き方を選ぶかの問題ですから。

「会えなくても私たちは理解し合っているか大丈夫」は過信だとブサ男は考えます。

年齢を重ねれば重ねるほど、お互いの事情が増えてくるのはわかりきっていることです。

だから、今のチャンスを生かすにはお互いのテンションを高く保つためにもできるだけ頻繁に連絡をしあい、会ってたくさん触れ合うことをお勧めします。

最適なコミュニケーションツールは

LINEは都合の良いときに見ることができるので一番気軽に利用できます。

その上、相手の女性が返信をしやすい時間帯に送るような心遣いができれば最高です。

電話は相手の都合が良いときを選ばないと迷惑がかかる場合があります。
事前にLINE等で予定を確認し合ってから電話をしたいものです。

LINEに比べると生の声で会話のキャッチボールができるので、ぜひ活用したいですね。

もちろん二人で会うことが最高のコミュニケーションです。
LINEでこまめに連絡を取り合い、電話で言葉を交わし、できだけ直接会って話をして触れ合うようにするのがベストかと思います。

何度も言いますが、
頻繁に会うことが苦痛のようであれば、その相手があなたに合っていないか、結婚自体見直してみる方が良いのではないかと思います。

もちろん、40代同士の恋愛だから、ガツガツしないでゆっくりのんびり進めるという選択肢もあります。

どれを選ぶかはあなたと相手の女性の考え次第です。

お互いの気持ちをオブラートに包んで、探り合っているより、思っていることを早いうちに話し、理解し合っていけばいいと思います。

二人の気持ちが合ってさえいればのんびりもガツガツもどちらも最高の結果を生んでくれるでしょう。

デート費用はどうするのがベストか

お付き合いを始めるといろいろなところに出かける機会も増えてくると思います。
映画を一緒に観に行く
美術館へ足を運んで静かな気持ちで芸術に浸る
テーマパークに行って童心に帰って楽しむ
アウトレットモールでお買い物
ドライブでいろいろなところに出かける
温泉に行ってのんびり癒しの時間をもつ

楽しそうですね(^^)/

さて、その時のデート費用はどうしますか?

40代の男性なら経済状況も比較的良いと思うのですがいかがでしょう?

でも、男性が一方的に持つと長続きしません。

早い段階で話し合って、どちらからも不満が出ないような費用負担を考えておくことが良いと思います。

費用負担もイーブン
何かを決める決定権もイーブン

どちらかが優位に立つのではなく、できるだけイーブンの関係をもつようにするのも、40代同士の恋愛を楽しんだり、長続きさせるコツだと思います。

女性を満足させてあげる

女性を満足させる
「若いときのように燃えないけど、こんなものかしら…」
「胸の高鳴りのない恋愛など考えられない」

40代同士が普通にお付き合を進めていけば、このように淡々とした恋愛になる場合も多いでしょう。

ですから、「ドキドキすることなどほとんどなかった」という人が多くなります。

でも、

ワクワク・ドキドキのススメ

でも、
いつか素敵な男性が白馬に乗って私を迎えに来てくれる
そんな夢を描いている女性がいます。

あなたのお付き合いしている女性がどういう方かはわかりませんが、多くの女性がそのような願望を少なからず持っているとブサ男は考えています。

無駄になることはありません。

思いっきり相手の女性をワクワク、ドキドキさせてあげてみてはいかがでしょう?
サプライズでどこかに連れていく
思いもしないときにプレゼントを渡す
遊園地でジェットコースターに乗る(ドキドキ間違いなし!)
突然手をつなぐ

相手の女性が一番ワクワク、ドキドキする方法をぜひ考えて、実践してみてください。

女性の気持ちをいたわる気持ちさえあれば

先ほどのサプライズもいいですし、時にはちょっと強引に迫ってもいいとブサ男は考えています。

それが、仮に相手の女性の思いと違って「ちょっとマズかったかな」そんなことになるかもしれません。

でも大丈夫!
自分の考えをゴリ押しするのが目的だったらもちろんアウトですが、あなたの目的が「女性を喜ばせたい」というやさしさや愛情から来ているのであればOKです。

女性に心の底から喜んでほしい

その気持ちがあれば、結果的にその女性からあなたもきっと愛されることになるでしょう(^^)/

どうぞ、良いお付き合いを!

それではまた(^^)/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします